新商品入荷 ベージュ 2種

 

画像をクリックするとショップページに飛びます。

 

ビーズとスパンコールとリュネヴィル刺繍材料のネットショップ

≪ビーズスパングルズ≫です。

 

12月新商品入荷しました。

とても使いやすいクリーム色です。

 

黄色っぽいタイプ(左)と茶色っぽいタイプ(右)があります。

茶色っぽいタイプは(右)よく見ると色に濃淡があります。

マーブルというほどではないのですが、1粒1粒の表情がそれぞれことなりより立体的に見えます。

 

どちらもサイズは9/0。スリーカットビーズの中では大きめです。

そのためカット面も大きいく大胆。

 

 

★★ 2019年ビーズスパングルズ福袋 ご予約受付中 ★★

2018年11月17日(土)〜2018年12月26日(水)まで

 

 

ツイッター始めました。URLはこちら。

https://twitter.com/beadsspangles

新商品の入荷情報や告知などはこちらからも行っていこうと思っています。

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズ刺繍へ
JUGEMテーマ:手作り/ハンドメイド雑貨,handmade,クラフト・手芸 色々,ビーズ,アクセサリー,刺繍

 

【BEADS SPANGLES|ビーズスパングルズ】ビーズ刺繍、リュネヴィル刺繍のスパンコールやビーズのウェブショップ

新商品入荷 ピンク3色 大きめのスリーカットビーズ

画像をクリックするとショップページに飛びます。

 

ビーズとスパンコールとリュネヴィル刺繍材料のネットショップ

≪ビーズスパングルズ≫です。

 

12月新商品入荷しました。

ピンク3色ご紹介します。

上 :【3cut】サテン ピンクグレープフルーツ  糸通し・9/0・チェコビーズ・スリーカットビーズ

中央:【3cut】トパーズ中染ピンク  糸通し・9/0・チェコビーズ・スリーカットビーズ

下 :3cut】オパック ダスティローズ・ラスター  糸通し・9/0・チェコビーズ・スリーカットビーズ

 

どれもサイズは9/0。スリーカットビーズの中では大きめです。

そのためカット面も大きく、反射光がキラキラと大胆。

 

下のビーズは不透明なので、並べて刺繍するとタイルっぽく見えます。

 

 

★★ 2019年ビーズスパングルズ福袋 ご予約受付中 ★★

2018年11月17日(土)〜2018年12月26日(水)まで

 

 

ツイッター始めました。URLはこちら。

https://twitter.com/beadsspangles

新商品の入荷情報や告知などはこちらからも行っていこうと思っています。

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズ刺繍へ
JUGEMテーマ:手作り/ハンドメイド雑貨,handmade,クラフト・手芸 色々,ビーズ,アクセサリー,刺繍

 

【BEADS SPANGLES|ビーズスパングルズ】ビーズ刺繍、リュネヴィル刺繍のスパンコールやビーズのウェブショップ

ビーズやスパンコールを混ぜる

 

 

ビーズとスパンコールとリュネヴィル刺繍材料のネットショップ

≪ビーズスパングルズ≫です。

 

糸通しビーズ

糸通しスパンコール

 

↑↑

あらかじめ糸にビーズやスパンコールを通してある商品です。

一度バラしてから他の色と混ぜて、ふたたび糸に通し直してもステキ。

 

混ぜると有機的でデコボコとした線になります。

私は野性的なデコボコ線が好きです。

 

正直いうと糸に通し直すのはめんどくさい作業です。

でも、音楽や落語、朗読を聞きながら作業する時間はとても豊かな気がします。

コーヒーを飲みながら、妄想しながら・・・というのもいいですね。

 

糸通しビーズをバラすのはもったひなひ・・・

というお方は、もともとバラのビーズがございますのでこちらをどうぞ。

 

ツイッター始めました。URLはこちら。

https://twitter.com/beadsspangles

新商品の入荷情報や告知などはこちらからも行っていこうと思っています。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズ刺繍へ
JUGEMテーマ:手作り/ハンドメイド雑貨,handmade,クラフト・手芸 色々,ビーズ,アクセサリー,刺繍

【BEADS SPANGLES|ビーズスパングルズ】ビーズ刺繍、リュネヴィル刺繍のスパンコールやビーズのウェブショップ

妙な存在感 ほっこり静謐 グレーのビーズ

 

画像をクリックするとショップページに飛びます。

 

ビーズとスパンコールとリュネヴィル刺繍材料のネットショップ

≪ビーズスパングルズ≫です。

 

画像は

オパックグレー  糸通し・10/0・チェコシードビーズ

 

明るい太陽の下で撮ったので、色が少し明るめに写っています。

実際はもう少し暗い色のグレーです。

コンクリートの色。

無機質で、しんとした静謐さを持ちながら、

不透明だからかほっこりとクリーミー。

ころりと丸い形でかわいらしさも持ち合わせています。

自己主張強めです。

 

近い色で、ワンカットのシャルロットビーズもございます。

糸からバラして、混ぜて使ってもすてきです。

 

ビーズスパングルズを開店したのが4年前の7月ですが、

このビーズは開店当時からおりますね。いわゆる「初期メン」です。

何度も再入荷を繰り返しており、地味に人気のあるビーズです。

 

大きさが10/0と丸小サイズや11/0より若干大きめ。

コロリとした丸さと、コンクリートのような無機質さ。

妙な存在感のあるビーズです。

 

 

★★ 2019年ビーズスパングルズ福袋 ご予約受付中 ★★

2018年11月17日(土)〜2018年12月26日(水)まで

 

 

ツイッター始めました。URLはこちら。

https://twitter.com/beadsspangles

新商品の入荷情報や告知などはこちらからも行っていこうと思っています。

 

ビーズ刺繍とリュネヴィル刺繍材料店 ビーズスパングルズ|BEADS SPANGLES

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズ刺繍へ
JUGEMテーマ:手作り/ハンドメイド雑貨,handmade,クラフト・手芸 色々,ビーズ,アクセサリー,刺繍

 

 

【BEADS SPANGLES|ビーズスパングルズ】ビーズ刺繍、リュネヴィル刺繍のスパンコールやビーズのウェブショップ

「私とビーズぁ廖.咫璽坤好僖鵐哀襯困鮖呂瓩襪泙任里呂覆掘ヾ

「私とビーズ  ビーズスパングルズを始めるまでのはなし

「私とビーズ◆ ビーズスパングルズを始めるまでのはなし

「私とビーズ」 ビーズスパングルズを始めるまでのはなし

 

 

子供の頃、誰に何に出会うかは運命や宿命のようなものではないかと思います。

スポーツ、動物、おもちゃ、おかし、漫画、アニメ等

子供の心をつかむものが無数にある中で、私はビーズを好きになってしまったので、

だからもうとにかくビーズは私の原点であると決めて、 趣味であれ、仕事であれ

ビーズに関わり続けていれば どん底まで落ちないのではないかと、今はそう思っています。

 

『蜘蛛の糸』の中で、カンダタがしがみついている糸のようなものですね。

そういうわけで「私とビーズ でお見せしたあの教本は、私の宝物リストNo.1です。

 

-------------------------------------------------------------

 

さて、の続きを。

ビーズ刺繍はたいてい服やバッグについているものですよね。

だから、ビーズを仕事にするために服作りを学ぼうと、

私は就職活動をやめてアルバイトをしながら服飾学校へ行くことにしました。

 

入学した学校は「伊東衣服研究所」という学校です。

私が在学していた頃は、 平面のパターン作成のクラスが2年、ドレーピング(立体裁断)のクラスが1年ありました。

ドレーピングは土曜日だったので、就職後に通った記憶があります。

 

授業ではシャツ、スカート、パンツ、ワンピース、ジャケット、Pコート、トレンチコートなど作りました。

パターン作成の工程はおおまかにいうとこんな感じ。

デザイン画をもとにパターンを引く

  ↓

シーチングという仮縫い用の布でトワルを作成

  ↓

微調整してパターンを直す

  ↓

本番用の布を裁断

  ↓

  縫製

  ↓

出来上がり!

 

これの繰り返しです。

 

その頃は生徒数が3人+数人(文化服装の学生、仕事で洋服製作をされている方、趣味の方など)

少人数制で先生に質問したらすぐ答えていただける恵まれた環境。

恩師:伊東均先生にみっちり教えていただきました。

現在、伊東衣服研究所に固定のカリキュラム(基礎コースとか、平面パターン2年とか)はないのですが、

趣味〜プロの方までそれぞれの要望に合わせて授業をされています。

「これこれこういう服を作りたい」と希望を伝えればパターンづくりから教えてもらえるという、

先生の知識と経験と対応力がすごいです。

あと、教室に猫がいたこと(笑)がよかった。授業中、猫がノソノソと教室に入っくる。

『Mode et Mode』に載っているパリコレの特殊な形のドレスをドレーピングで再現する練習がとても楽しかったなあ。

 

この頃、アルバイトは本屋さん、雑貨屋さん、そのあとはベリーダンスの衣装屋さんで掛け持ちしたりしなかったり。

学費を稼ぐことと、気になることはなんでもやってみて適性を探さなければと思っていました。

これは学生のうちにやっとくことなんでしょうが。

いくつかアルバイトをする中で、自分が好む傾向がだんだんとわかってきました。

 

ベリーダンスの衣装屋さんで働こうと思ったのは、もともとインドやアラビックな模様・色彩・衣装が好きだったことと、

洋裁学校で得た縫製の知識を実践でいかしたいと思ったから。自分が踊ることは今も昔もないです。苦手です。

そこでのメインの仕事は発送業務でしたが(←ネットショップ発送件お直しスタッフで応募)

ありがたいことに衣装のお直しや、オリジナルの衣装を一から作らせていただいたりしました。

 

 

そんなこんなで伊東衣服研究所を卒業する段になり、就職活動をしました。

ビーズ刺繍に関連する技術系の就職先は「ウェディング系」「ダンス系」「バッグ系」ですが、

ウェディングにはまったく興味なし。バッグはアジアの工房で作られているため却下。

それでダンス系の衣装の会社に絞り、社交ダンスの衣装製作会社に入社。

ドレスの縫製の担当になりました。

 

そうしてやっとこさ就職をしてみたわけですがね、

最初はこれこそ天職ぞ!と思っていたのですがね、

だんだん「ン?」という違和感にね。

なんかしっくりこないのです。

 

社交ダンスはそもそも西洋の文化で、

「スタイリッシュ」「クール」「エレガンス」

ゴージャスだけれど洗練に向かってゆくデザインです。

私の好みとは合わないのですね。

私が好きなものは民族衣装っぽいものというか、

アラベスク模様、曼荼羅、インド、ジプシー、派手、キッチュ、キャンプ、寺山修司、江戸川乱歩

泥くささ、レトロ、ヒッピー、三島由紀夫、大正ロマン、いびつ、アフリカ、ネイティブアメリカン

という感じで。洗練に背を向けたいのです。

 

「なんかちがう・・・」が「もうやだな」へと変わるのにたった1年。

雇っていただいたこと、丁寧に教えてくださった先輩にも対しても大変申し訳なく、

今思い出しても、長続きしなかったことに情けない気持ちになるのですが、

また頭がおかしくなりかけていたので退職しました。

 

個人で楽しむ目的でイタリアからスパンコールを輸入し始めたのはこの頃でした。

またもや鬱をぶり返していた私を唯一楽しませてくれたのが輸入スパンコールでした。

スパンコールもビーズも、その存在自体を見ているだけで気分がいいし、刺繍しても楽しい。

刺繍した布が部屋にどんどんと増えてゆくと、ゴマなみに小さく萎縮してしまっていた

自分の領域が徐々に広がっていくような感覚でした。

 

これがその時に作っていたもの↓

おせんべいみたいな丸い形の刺繍なんですが、かさなって置いてある状態です。

丸い理由は刺繍枠が丸いから。中央から始まってぐるぐると刺繍をするだけです。

 

 

 

 

無目的な集中は人の心を癒すのだと思います。

ニュースで見たのですが、9.11の後のニューヨークで編み物サークルが流行ったそうなんです。

みんなで輪になって座り、おしゃべりしながらカラフルでフワフワした毛糸で好きなものを編む。

生徒と先生に分かれているのではなく、みんなが教えあう、語り合うというゆる〜い空間。

そこには女性だけではなくて、めがねをかけた学生らしきお兄さんや、

シルベスター・スタローン似のイカツイおじさんもいて、

彼らがピンクや黄色の毛糸を不器用に編んでいる。

似あわん(笑)と思ってちょっと笑っちゃったんだけど、反省しました。

9.11の直後のこと、どんなマッチョガイだとしてもあんな大惨事が身近にあったら怖いもんは怖い。

みずから自分の見た目にとらわれて、本当にやりたいことをできない人が多い中で

(「男は強く見られなければならない!」とか「こんな見た目であんなことできないわよね…」とか)

猫背でピンクの毛糸を編むスタローンおじさんはかっこいいのだと思いました。

 

仕事としてではなく、無目的になにかをすること、

手を動かす、集中するというのは絶大なセラピー効果があるのだと思います。

私もこんな場所を作れたらいいなあーなんてふんわりと考えています。

 

 

上の画像の刺繍を作っていた時は、

仕事が忙しかったり、通勤時間が長いというだけで疲れてしまって

「このままこの状況が続くのか」と暗いトンネルに入り込んでいた時期でした。

でも、「ビーズをやろう」と意識的に原点に戻ったことで、再びうつの深みに

ドはまりすることにはなりませんでした。ギリギリでしたけど。

結局社交ダンス衣装制作会社は退職しましたが、貯金が少しできたのと

「私はビーズ屋をやるんだ」という次のワクワクする目標があったから、

あまり悲壮感はありませんでした。

 

とても長くなりましたが、こういった経緯で

ビーズ刺繍材料店 【 ビーズスパングルズ 】  を始めることとなったのです。

 

「私とビーズ」 完

 

★★ 2019年ビーズスパングルズ福袋 ご予約受付中 ★★

2018年11月17日(土)〜2018年12月26日(水)まで

 

 

ツイッター始めました。URLはこちら。

https://twitter.com/beadsspangles

新商品の入荷情報や告知などはこちらからも行っていこうと思っています。

 

 

【BEADS SPANGLES|ビーズスパングルズ】ビーズ刺繍、リュネヴィル刺繍のスパンコールやビーズのウェブショップ